2月全体的な運勢傾向

2月(2/4~)は、天の気「甲きのえ」、地の気「寅トラ」人の気「八白土星」の1ヶ月となります。(私達は、日々、この天の気、地の気、人の気の影響を受けて生活していることになります)

いよいよ2月4日から2023年の年盤になります!
1月の天の気が「癸」で2023年の1年間の天の気が「癸」なので、ちょうどバトンタッチみたいな感じですね。新年開運セミナーに参加された方は、2023年の癸のところでお伝えしたことを節分前までにされると良いです。

さて、2月の天の気は甲、五行でいうと「木」の五行で季節は春。地の気は寅、寅も五行でいうと「木」の五行で季節は春。両方とも春で木々が成長するように何だか勢いを感じますよね!

そんな勢いを感じる中にも人の気は八白土星なので、どう進んでいったら良いのか停滞を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

甲には殻を破るという意味がありますから今までのやり方では限界がきてるので、今までのやり方を突き破って同じ考えを持つ人達と前に進んでねーと捉えることもできます。

時には八白の停滞も前に進むために必要。焦らずじっくり考えて、志高く限界を超えていきましょう~!

自然現象で注意する点は、、、
雪山に出かける予定のある方は、雪崩が心配されるので、当日の天候を確認されてからお出かけされると良いでしょう!

道路が凍結してることもあるので、運転にも十分気をつけてお出かけください。

参考にしていただければと思います♪

関連記事

  1. 【ご感想】易講座で自分の中に軸ができました!

  2. 恵方参りにもちょっとしたコツがある

  3. 引越し鑑定

  4. 楽しく旅行しながら開運!7月の大開運日はどこへ行く?

  5. 基礎をしっかりと学ぶ大切さ

  6. 姓名は生命を表す・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!