九星気学はどの部類?

九星気学は、古代中国より伝わる天体学に基づく学問で、「気」=エネルギーの流れを学んで自分の人生に活かしていく、また、自ら気を取りに行くことで運命を切り開いていく動の開運術となります。大元は2500年前に孔子がまとめた知恵であり東洋思想の根幹となるものですが、私達が学んでいる九星気学は明治時代に日本人用にアレンジされたものとなります。この九星気学という学問を占術に当てはめてみると以下の種類に分類されます。

占術の種類には、命術、卜術、相術、運命転換法の4種類あります。

命術は生年月日から出しているもので、例えば、算命学、四柱推命、六占星術、ゼロ学など。卜術は選択肢を伴うもので、例えば、タロット、オラクルカード、ルーンなどのカード系のもの。相術は手相、顔相、家相(日本だけ)。運命転換法は風水、名前になります。

では、九星気学はどこの部類なの?というと、命術と運命転換法の間をとっているものとなります。

九星気学以外の命術は、宿命や運命が分かります。確かに、何もしなければその通りの宿命や運命で、過去を振り返ってみれば命術通りなので驚くほど当たってると愕然とすることもありますが、そこばかりフォーカスしてしまってると、先の未来までこうなるからって不安に思ったりするのが人間の心理。

ならば!!
行動して運命を変えちゃえばいい!というのが九星気学です。そこが九星気学の面白いところですね。

九星気学は”動の開運術”ともいわれ、吉貯金(方位取り)や引っ越しなど。方位を活用することによって人生が好転していきます。もちろん、方位を活用するだけでも人生好転していきますが(中には例外もあります)、一白水星から九紫火星までのの性質や活用方法を知った上で活用することで、その変化はより早く加速していきます。

分かりやすくて丁寧と評判の
九星気学吉貯金(方位取り)セミナー情報

関連記事

  1. 恵方参りに行ってきました!

  2. 難しく感じる家相講座も楽しく!!

  3. 7月全体的な運勢傾向

  4. 恵方参りのチャンスですよ~!!

  5. 7/20からの土用期間に注意することは?

  6. NineStar風水マイペースクラス合格!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!